久保山墓地の申し込み方法

久保山墓地は、明治7年につくられた歴史のあり、広々とした敷地を所有している墓地です。とても見晴らしがよくて、晴れている日にはランドマークタワーや富士山を楽しむことができます。そんな久保山墓地に申し込みをしたいとお考えの方に知っていて欲しいことがございます。第一条件として、3か月以上横浜市に住んでいることが必要です。そして、使用許可申請時点住民票が横浜市にあることです。そして、申し込みをするときに当選率を上げようと複数応募する方がいらっしゃいますが、必ず一世帯一申し込みでお願いします。もし、複数応募していることが判明した場合、申し込みが無効になってしまいます。あと、横浜市の他の使用許可を受けていると申し込みができませんので気を付けましょう。お墓に納めていない遺骨をお持ちの方等で、資格審査時に“火埋葬許可証のコピー”を提出するので用意をしてください。他にも細かい条件がありますのでお気を付けください。

横浜市の久保山墓地の特徴

久保山墓地と言うと横浜市の市営墓地です。特徴は山を丸々お墓にしてるところでしょうか。面積は想像しにくいかもしれませんが、横浜スタジアム5つ分にあたるそうです。大体のお墓は交通の便が悪いものです。ここもその点は同じで、駐車場は少なく、ほとんどの人は最寄りの駅から、バス又はタクシーでお墓に向かいます。バスは本数が少ないため、時間が合えば利用するのがいいかと思います。市営のバスを利用する場合、久保山霊園前というバス停で降ります。目の前には急な坂と、墓地が広がります。はじめは、その広さ故、迷子になってしまうかもしれません。私もその一人です。周辺には休憩所の茶屋、石材店、お寺などがあります。急勾配の上り下りで疲れた時に、多くはないのですが、休憩所があるのは嬉しいですね。夜になると夜景がすごく綺麗です。母は、夜景が好きだったので喜んでるのではないかと思います。

神奈川県の久保山墓地について

神奈川県の久保山墓地は、明治7年に開園された歴史と伝統のある公営墓地です。山の中に墓地があるため、日当たりが良好で水はけの良い土地なので、安心して利用することができます。宗派は不問になっているので、宗派を問わずに利用できるのが大きな特徴になっています。閑静で自然環境が良いため、故人が永眠するのに最適な場所になっています。近くに民営霊園などもあるため、久保山墓地には多くの墓石が建立されています。バスを利用して来園することが出来るので、休日を利用してお墓参りに行くことができます。これから墓石を購入したいと考えている方や、墓地を購入したいと考えている方は、電話で相談をしたり、事前に予約をしておいて訪問をしてみると良いでしょう。費用についてもきちんと説明してくれるので、安心することができます。お墓の悩みを解消することができます。