仏壇の歴史について

仏壇というと、仏教信仰に必ず必要なもののような気がします。
なぜなら、私たち日本人にとって、日常生活の中で宗教や死と向き合うのは、まず仏壇だからです。

ところが実は各家にある仏壇というのは日本独自のもので、世界中の仏教国でもあのようなものはないのです。
文化的に近いと思われる中国や韓国にもありません。
亡き家族を思い出すために、写真などを家に飾ることはあっても、位牌やご本尊像を仏壇をつくって祭るようなことはないのです。

では、いつから仏壇ができたかというと、淵源は1300年ぐらい前、天武天皇が「諸国家毎に仏舎を設け、仏像及び経巻を安置し、以て三宝を供養すべし」と命じたことに始まるといわれています。
もっともここでいう「家」とは、貴族・豪族といった上流階級に限られていました。

もっとも、それ以前から日本では、どんな階層の家でも、氏神や先祖を祭る祭壇をもうける風習がありました。
その風習と古来からの仏像・仏画、中国禅宗から持ち込まれた位牌などが結びつき、中世以降は書院造りの床の間に仏画、三具足(花立・香炉・火立て)を置いて祭るようになりました。
床の間とは、もともとは仏や神を祭るために設えたものなのです。

また、浄土真宗では室町時代、蓮如上人が一般信徒に仏壇を持つことを強く勧め、この宗派では早くから仏壇が広まりました。

そして、どこの家でも仏壇をつくるようになったのは江戸時代です。
江戸時代には、檀家制度といって、人々の戸籍を、その人が属する仏教寺院が管理するようになりました。
それによってキリスト教徒ではないことを証明させたのです。
ですから仏壇=仏教徒の証明という形になり、いってみれば全国民が仏壇をもつことになったのです。
そしてそのころ、従来はいっしょに祭っていた氏神や土地神などを神棚に移し、仏壇と神棚が明確に分かれたのです。

ですから、仏壇というのは決して仏教にとって必須のものでもないし、日本独自の先祖崇拝と交ざった生活習慣ですから、現在において伝統的な形式を固守しなければならない理由はないと思います。

もちろん、宗派ごとに必須のものがありますから、それは欠かせないとしても、写真や故人を偲ぶ物品などを自由において、まごころをこめて仏教や、先祖の冥福、家族の平安をあわせて祈ればいいのです。
また、家族に死者が出て始めて作らなければならないものでもなく、もし先祖からの宗派や故人として帰依する宗派があるなら、その宗派や先祖を祭るためにいつでも設置すればいいのです