母の日のプレゼント

五月にあるイベントと言えば、GWが一番大きいとみなさん感じると思います。でもGWにも負けないくらい大事にしているイベントがあるのではないでしょうか?毎年五月の第二日曜日の母の日です。この日は自分の母親に普段の労をねぎらって母の日にプレゼントを渡したり、何か手伝いをしたり、どこかへ連れて行ってあげたりなどをする日です。子供からすると特に思春期の頃は母の日にプレゼントを渡すということは恥ずかしかったり、煩わしかったり感じると思います。しかし、もっと小さい時は照れながら母の日にプレゼントを渡していませんでしたか?似顔絵を描いて、カーネーションを一本持ってこれ母の日のプレゼント!と渡してお母さんいつもありがと!と言っていませんでしたか?私の娘も今年の母の日のプレゼントを鉢に植えてあるカーネーションと妻が欲しがっていた小物を買いに行くと言って、私と二人で選びに行きました。一生懸命考えて選んで、恥ずかしがりながら渡していた娘の顔からは何とも言えない可愛らしさが見えていました。では、母の日とは一体いつどうやって決まってこのような習慣になったのでしょうか?毎年五月の第二日曜日が母の日とされているのは日本以外にもアメリカがそうです。他の国では、宗教的な習慣時の第四日曜日だったりと世界共通の日にちではないようです。日本では、1931年に大日本連合婦人会が結成されて当時の皇后の誕生日を母の日としていましたが、1949年ごろからアメリカに習って五月の第二日曜日になったのです。日本で代表的な母の日のプレゼントと言えばカーネーションです。最近では、スイーツなどの甘いものが母の日のプレゼントとして人気があります。やはりお母さんも女性、甘いものには目がないのではないでしょうか?他にも旅行券や調理器具なども人気です。あとは休みを母の日にプレゼントするというのがあります。これは私の妹も昔したことがあって、母の日には全部自分達でするということ、ふとんを上げたりご飯を作ったり、掃除洗濯など、お母さんにはずっと休んでてもらうというのを母の日のプレゼントにしていました。