母の日のプレゼントの種類

母の日、それは毎年五月の第二日曜日の行事です。日ごろの感謝をこめて、その母の日にプレゼントを自分の母親に送るのが恒例となっています。では、そんな母の日とはいつ頃から始まったのでしょうか?日本では、1931年に大日本連合婦人会が結成された時に、当時の皇后の誕生日である3月6日を母の日としました。その後、アメリカに倣って五月の第二日曜日としました。アメリカでは1907年にアンナという人が亡き母を偲んで協会で記念会を開いて白いカーネーションを捧げました。これがアメリカと日本の母の日の起源とされています。これより母の日のプレゼントはカーネーションが一般的となったのです。この他の国でも母の日はあるのですが、五月の末日だったりと日付が違ったりもします。ただし、世界共通で、母親に感謝の気持ちなどを伝えるという考えは同じです。現在、母の日のプレゼントにはたくさんの種類があります。カーネーションをあげなければいけないという決まりもありませんので、母の日のプレゼントは母親が喜ぶものであれば何でもいいと考えます。同じ花を母の日のプレゼントとしてあげるにしても、バラだったりアジサイだったりユリだったりといろんなものが選ばれています。その他の母の日のプレゼントとして多く選ばれているのは、スイーツです。ケーキやゼリーなどの洋菓子から、羊羹やおまんじゅうなどの和菓子も、紅茶や抹茶などの飲み物まで選ばれたりしています。それ以外の母の日のプレゼントとしては、洋服やアクセサリー、エステやマッサージ、グルメや旅行などと幅広い選択肢が挙げられます。どのプレゼントを選ぶにしても、大事なのは母親に対する感謝の気持ちです。今まで自分に対して母親がどう接してくれたか、どこまで自分の事を大事にしてくれたか、それを見て自分はどうしていくべきかなどの気持ちをうまく伝えるかが一番の贈り物なのではないでしょうか?そしてそういった感謝をされるような親に自分もなっていくことが最大の恩返しではないでしょうか?